読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今、たねをまく

とりあえずなにかの芽がでるかも。イマタネ

アトピーに悩んでいる人はホホバオイルを塗りたくれ!!

僕は長年アトピーと戦い続けているという記事を以前まとめたことがありました。

imatane.hatenablog.com

 

この記事が3月16日のものなのでそれから約半月というところですが実は症状に劇的な変化がありました。この半月でかわった生活習慣や新たに導入した「ホホバオイル」について今回は紹介していきたいと思います。

 

 

 

 甘いものには気を付ける

一人暮らしをしていた時は比較的アトピーの症状が軽かったのに実家に戻ってから再発するということはやはり習慣が変化しているということだと思いました。

そこで記憶をたどりながら実家に戻ってから変わったところを以前の生活に戻してみました。

そこで気づいたのが「甘いもの食べすぎだな」ということです。

必要以上に糖分や脂質を取ることは体に老廃物を蓄えてしまうということ。その老廃物を体が必死に押し出そうとして肌環境が悪化するというのは仕方ないことです。

薬で症状を抑えるだけでなくそもそも症状を起こさせない体づくりも大切なことですよね?

 

昼ご飯と菓子パンはセットでした。

変わった点といえば菓子パンを食べるのをやめたこと。

f:id:ytyy101-azma:20170403220216j:plain

僕が実家暮らしに戻ってからはありがたいことに毎日お弁当を持たせてくれます。そのお弁当にプラスして毎日菓子パンも食べていたんです。

しかも甘い生クリームとかあんこ、チョコレート盛りだくさんの「THE・菓子パン」。

甘いものが大好きな僕にとってはデザート代わりになっていました。

ちなみに僕は朝食は一切取らず、水だけ飲んで出社します。そして昼は弁当と菓子パン。夜ご飯は家族と一緒にとります。

朝食を取らない理由は特にはなく、単に朝食事をするのがしんどいこと、ぎりぎりまで寝ていたいことが理由です。ぐうたらですいません(笑)。

とにかく、甘すぎる砂糖や脂質の多そうな菓子パンを昼ご飯に食べるのはやめ、お弁当だけの昼食に戻すことにしました。

 

カフェオレもやめました。

菓子パンとともに僕が入社してからの週間で変わったのが「カフェオレ」です。

ブレンディのスティックで作るカフェオレが大好きで学生として一人暮らしをしている時からたまに作って飲んでいました。飲む頻度せいぜい1日1杯以下だったと思います。

しかし事務仕事などでデスクワークをしている時に何か甘いものがほしいとなるとすぐにカフェオレを飲むようになりました。頻度は1日5杯程度だったかなと思います。

これも甘い砂糖が大量に入っているのはもちろんです。なので会社で飲むのはお茶か水ぐらいで甘いものがほしくなったらキシリトールのガムを食べるようにし、大量の糖分摂取を控えるよう注意しました。

 

f:id:ytyy101-azma:20170403220240j:plain

 

そして肌の保湿には「ホホバオイル」

これは新たに始めたことですが肌の保湿剤をボディークリームから「ホホバオイル」に変えました。雑誌で「ホホバオイルがすごい!!」なんて記事を見て早速試してみました。

肌のバリア機能を少しでも補強するために肌の保湿は大切なのですがボディークリームによっては肌に合わないことが多々あり悩みのたねだったんですがこのホホバオイルは完全に天然のもののおかげか肌荒れは一切なくとても使い勝手がいいものでした。

 

ホホバオイルの特徴

ホホバオイルは極めて酸化しにくく、また腐敗しない天然のオイルとして保湿やクレンジングなどの用途に使われています。

また成分が人間の皮脂にとても似ていて肌への浸透力が高く、肌のバランスを整える助けをしてくれますし、固く古くなった角質を柔らかくしてくれる効果もあるそうです。

そして雑菌の増殖を抑えるという効果もありニキビのもとになるアクネ菌の増殖を抑えたり肌のターンオーバーを促進してくれるのでニキビで悩んでいる人にもお勧めしたいとおもいます。

 

実際に使ってみた。

まずさらっとしていることに驚きました。

オイル。つまり油ですから多少べたべたすることは覚悟していたんですが全く気になりませんでした。肌に馴染んでいく感じも実感することができ保湿も期待以上のものでした。

なにより肌荒れしないのはとても助かります。

僕の場合風呂上がりに薬を塗って就寝。よく朝起きて出かける前にホホバオイルを顔、体に塗ってから出かけるようにしています。

f:id:ytyy101-azma:20170403214310j:plain

僕が実際に使っているものですがもうすぐなくなりそうなのでまた購入したいと思います。

 

 

その結果

少しずつ習慣を変えてからまだたったの半月です。

しかし全身を覆ってい赤身はほぼ無くなり搔きむしって血が出るなんてこともなくなりました。

一気に完治に近づいたような気がします。やはり糖分等を控えたおかげで湿疹事態が出にくくなりましたしホホバオイルの保湿も効果を発揮してくれていたのでしょう。

最近自分の肌を触ってみると自分がアトピーを持っているということを忘れさせてくれるぐらいに

触り心地がいいんです!!

自分の肌に何言ってるんだとも思いますがアトピーを持っている人が自分の肌に自信を持てるようなことがあった。それだけでもとても大きいことだと思います。

今の生活を続けながら定期的な運動をしていきたいと思うのでまたそのうち報告したいと思っているのでよろしくお願いします。同じ悩みを持っている人が一人でも少なくなることを祈ります!!

 

それでは!!

第2回目のプレミアムフライデーが年度末。そして月末最終日な件。

今日は月末ですね!

お仕事をしている皆さんは忙しい1日を過ごされたのではないでしょうか??

僕もなんとか今日1日をやり過ごせたという感じでぐったりとしています。

月末の事務所は戦場です。

 

 

そして今日は3月の最終金曜日ということで「プレミアムフライデーに当たります。今日が運悪く年度末、そして月末最終日に当たってしまったことで「さっそく広がりに課題」なんてニュースで文句をつけられているのを目にしました。

今回はそんなプレミアムフライデー」がどんなものなのかまとめてみたいと思います。

 

 

 

 

 

まずどんな内容なのか??

困ったときに参考にするのがWikipedia。その心強いWikipediaでは以下のように紹介されていました。

 

プレミアムフライデーは毎月末金曜日(フライデー)に普段よりもプレミアムな生活を推奨する個人消費喚起キャンペーン

 

つまり月一回みんなで早上がりして「花金」をいつもよりも豪華にしようぜ!!

っていう取り組みのことです。

f:id:ytyy101-azma:20170331224411j:plain

奨励しているのは業務の終業時間を午後3時にして国民に「飲みに行くもよし」、「カルチャークラブに行って自分磨きもよし」なんてふうにお金を使ったり、生活の質(quality of life)を高めたりすることに使えということらしい。

 

 

誰がメインで取り組んでいるの??

最初にこの取り組みを始めようと声掛けしたのが政府。特に経産省

このプレミアムフライデーを通して日本経済のデフレ脱却、そいて労働の生産性向上、労働環境の改善などの景気対策と働き方改革をしていくことを目標にしているため政府もそこそこ必死。

 

そして同じく景気の回復を目指している経団連が協力して官民一丸となって取り組んでいるというわけです。

 

f:id:ytyy101-azma:20170331224447j:plain

 

いつからはじまったのか

第1回が平成29年2月24日。つまり先月が最初なので今月は第2回目になります。これから官民一丸となって浸透させていこうという大事な時期なわけです。

何事も継続できるかは2.3回目の際序盤が重要です。それをしっかりと続けていかないともう5回目ぐらいで「なにそれ?まだやってたの??」なんてことになってしまいますからね。

ところがそれが年度末。そして月末最終日に当たってしまい各所からの不満がニュースになっていたんですね。

 

 

実際に導入したところはどんなところか??

ネットで調べてみるなんと2000社を超えているようです。

 

プレミアムフライデー実施企業一覧と2,000社突破で金曜帰れる! | みんなのトリビア

 

感想としては結構取り入れてる会社ってあるんだなぁと感じました。

各社の取り入れ方としては全社丸ごとだったり、部署ごとにプレミアムフライデーを実施したなんてところや有休扱いにして行った企業などがあるようです。

方法は様々ですが実際に取り組んでいることはとてもいいことだと思います。

 

 

はやくも岐路に立つ「プレミアムフライデー

 まだ2回目にもかかわらず今日は不運にもなかなか忙しい日に当たってしまいました。でもこれカレンダー見たらわかってたんだからずらして開始すればよかったんじゃね??なんてことを考えている人もいるはず。僕もです。

今日は年度末。そして月末最終日。

普段から月末というのは忙しいもの。

営業なら契約を取って数字として挙げていく最終日ですし、今日中に入力しなければならない伝票などもあるはず。

しかも年度末ですからいつもはしないような1年に数回、もしくは一回の業務なんかもあるはず。そんな今日、「残業せずに3時であがって遊んで来い!!」なんてかなり難しいのではないかと思いますし帰れた人はマジでラッキーではないでしょうか?? 

 

 

そんな僕は??

月末ということで仕事が多く定時より遅く帰宅しました。

終わったら家に直行です。

 

やはり月末はやることがたくさんあります。通常の業とは別に営業として数字をまとめたり、その月の統計資料を完成させたりとやることはたくさんありますしなかなか終わりません。

そして僕の職種としては「サービス業」に分類されるものなので一斉に休みが取れないという事情や仕事が特殊なのでそもそも全員が休みを取るのは不可能ということも関係あるでしょう

その仕事終了後も何ら経済的活動をすることなく家に帰ってゆっくりしています。

このブログを見ていただいている人もプレミアムフライデーを実際に経験したという人は少ないのではないでしょうか。

社会は厳しいものですよね、みなさん?(´・ω・`)

 

 

地方には関係ないかな??

こういった政策や活動が盛んなのはやはり東京を中心とした首都圏がメインになりやすく地方はどうしてもその波が届かないことがあります。

「都会で騒いで田舎はのけ者だよ」なんてことがたまにありますが僕は仕方のないことだとも思いますし取り組みを行っていくというのはよいことだと思います。

その取り組み自体がニュースになって人々のなかに前向きな気持ちが生まれていくことのほうが大切だと思うからです。

要は気の持ちようってことでしょうか。

 

 

さいごに

まだまだ始まったばかりで今は大企業などの一部に取り組みが広まっていない「プレミアムフライデー」ですが今日の月末、年度末という環境に負けずに広がりを見せていってほしいと思います。

正直周りに「プレミアムフライデー」で早帰りしたよなんて人はまだあったことがないのですがいつかそんな人が珍しくなくなるといいですよね?

 それでは!!

 

 

 

寒いと切なさを、暖かいと幸せを感じるのは僕だけ??

仕事が忙しくて更新の感覚が少し空いてしまいました|д゚)

 

もうすぐ4月になりますがまだまだ寒いところばかりですね??

僕の住んでいる地域もまだ雪が降ったりするなんて日もちらほら。かと思えば車の中が日差しで熱くなり弱くクーラーをつけるなんてことも。

 

安定しない天候が続くなかで、最近僕がふと思うのは

「あったかい日は幸せだなぁ~」

ってことです。

f:id:ytyy101-azma:20170327214153j:plain

布団にくるまる、こたつに入ることが気持ちの良いことだというのは皆さんもご理解いただけるはずです。ですが一番に暖かさをもたらしてくれるのは「太陽の日差し」です。

冬国の空は雲に覆われ鼠色でしたが最近ようやくお目にかかることができる「太陽の日差し」が僕たちにもたらす効果についてまとめてみました。

 

 

 

 

太陽の日差しがもたらす健康効果

僕たちは太陽光を浴びることで多くの健康的な効果を受けることができます。最近の子供は「家の中でゲームばかりして遊んでいる」なんて声が聞こえることも多い現代ですが本来なら子供も大人も太陽のもと元気に活動するのが望ましいのだと思います。

「太陽の日差しを浴びる」=健康を維持すること

営業車でポカポカの日差しの中ドライブをするのは楽しいですよ!!

仕事をしていることを忘れ、うきうきで鼻歌を歌うことが暖かい車中での僕の定番の過ごし方( ´∀` )

 

では実際の効果についてですが日光を浴びると体内ではビタミンDが作られます。

このビタミンDが様々な働きをすることで人体に健康をもたらしてくれるのです。

それによってどんな効果があるか??まとめてみました。

 

 

骨が丈夫になる

骨を丈夫にするためにはカルシウムが必要不可欠です。しかしこのカルシウムは体内への吸収率がとても悪いとされています。しかしビタミンDにはカルシウムの吸収率を上げる効果があるため骨丈夫にしてくれるということです。。

なので骨粗しょう症の伺いのある人は日光浴も重要といえます。

おじいちゃんが縁側でお茶をすすりながら膝の上の猫をなでる。

理想です。

 

 

アトピーにも効果が!!!

僕には一番の情報でしょうか??

日光を当てすぎるのはもちろん逆効果となるのを前提に、、、。

日光に含まれる紫外線は細胞増殖を抑える効果があります。これにより肌の雑菌の減菌が行われ状態の悪化を防いでくれます

また赤外線は代謝や体温の上昇につながり内蔵機能が強化されることで肌のバリア機能を助けてくれる働きも!

日光を避け続けるというのも不健康になりますよ。そこの奥さん。

 

 

病気を寄せ付けない体に!

体内のビタミンDが増えると病気への免疫力が上がり風邪などを引きにくくなる効果があります。風邪やインフルエンザが増加する冬前に日光浴を習慣としておくと罹患率が低下してというデータもあるようです。

 

 

がん予防

日光による体温上昇とビタミンDの増加は体内の特に内蔵の働きを強化するのは先ほど少し紹介しました。それによって内臓にできる癌の発症率を最大80%低下させられることもわかっているそうです。

f:id:ytyy101-azma:20170327214240j:plain

癌ともなれば風邪なんかとはレベルが違います。自分のだけの体というのではなく家族のことも考えなくてはいけません。女性の場合は乳がん予防に大きな効果が期待できるそうですよ!!

 

 

筋トレのお供に

筋トレで必要なのはもちろんタンパク質ですよね??

ジムなどでトレーニングをした後時間を置かずプロテインなどでたんぱく質の補給をするのが望ましいとされていますが、日光浴にもタンパク質合成の効果があり筋肉を強化するとか。

だからボディービルダーはあんなに日焼けしてるんだ!!!

 

 

体内時計リセットによる大きな効果

人体の体内時計は実は 24時間ではありません。知っていましたか??

しかし僕たちが一日24時間毎日元気に過ごせるのは太陽さまのおかげです。

 僕たちの体は日光を浴びるとセロトニンというホルモンが分泌されます。

このセロトニンが僕たちの体内時計をリセットしズレが生まれないようにしてくれていたり、気分を高揚させる効果があります。つまりこのホルモンのおかげで体の自律神経をリラックスした状態に導くことで不眠症うつ病などといった精神疾患を防いでくれるのです。

 

 

認知症予防

認知症という病気はいまだ、原因が特定できないものとされていますが罹患者の生活習慣を観察していくと日光に当たらない、つまり屋内で活動するのが中心だったということが見て取れるのだとか。これもまたビタミンDによる効果で脳の記憶力に効果を発揮するからだとされています。

 

 

どれくらい日に当たればいいの??

ここまで日光の効果を紹介してきましたが、実際にどれくらい日に当たっていればよいのかというと週1時間でよいそうです。

これぐらいなら皆さんもできると思いませんか??通勤が徒歩の人なら何もしなくても1時間は太陽に当たっているのではないでしょうか?

ちなみに日光の効果としてビタミンDが生成されるという点をクローズアップしましたが食品からビタミンDをとってもいいそうです。

じゃあサプリ飲めばいいじゃん

 

 

さいごに

ビタミンDセロトニンの効果は絶大で体の補強、メンテナンスを日光が体の代謝を上げながらしてくれるわけです。こんな簡単なメンテナンスってないですよね??

しかし現代は朝会社に出勤して帰りは夜。休みの日は家で寝て過ごして外出も少ない。そんな生活を送ってはいませんか?

豊かな生活を生み出すために太陽を浴びる。皆さんもそこから始めてみましょう!!

といいつつ僕はそんな難しいことよりも長い冬が終わって、いい天気の日を車で走ったり春らしい光景を目にすることが幸せです。

皆さんにも良い春が訪れますように!!それでは。