今、たねをまく

とりあえずなにかの芽がでるかも。イマタネ

トレーニングルーム講習終わったよ!

f:id:ytyy101-azma:20170314203303j:plain

ただいま!かざぐるまです!

 

先ほどの記事でお話しした

市営体育館のトレーニングルーム利用方法と

トレーニングに方法についての

講習会を終え、帰宅しました。ハイ。

行く前はいろんな不安でいっぱいでしたが

実際そんな不安がることもなく楽しく講習を受けることが

できました!

imatane.hatenablog.com

 

なのでその講習会についてお話ししたい

思います。

 

 

 

入り口が遠い

会場は市の体育館。体育館とは行っても

会議室やアリーナが複数ある大きな建物です。

 

体育館に到着したのは19:00の30分前。

電話予約した際にお姉さんから

「15分以上遅れてしまった際には、受講をご遠慮いだだきますので

お早めに会場におつきください。」

と言われていたので早く着きました。

普段もこれぐらい早ければ、仕事でも

慌てることはないでしょうね。

 

しかしここで豆腐メンタルが活動し

駐車場の車の中からなかなか出られない。

「誰かいきなりドアを開けて引きずっていってくれねーかな。」

現実逃避。

 

そんな時、中学生位の女の子とその両親が

会場に入って行くのを見て

「もしかしたら一緒の講習に出る人かも」

と思い勇気を出してついて行きました。

 まじ心細い。

 

受付、入場

体育館に入り、案内板を見ると講習会は

2階大会議室であるみたい。

階段を登って大会議室前の受付の女性2人を

見つけて、受付を済ませます。

予約名を伝え、講習の資料を受け取って

会場に入ると意外と人がいる!!

50人くらいはいたと思います。

頑張ろうと思い立った同志ですね。

 

2人掛けのテーブルがたくさん並んでいる

会場内。結構広い会場でしたよ!

とりあえず様子を見るために1番後ろのテーブルへ移動。

椅子に座り資料を開くと情報登録用紙が

中に挟まっていたので記入しながら講習が始まるのを

待ってました。

 

なんだかんだで始まる頃には会場内の椅子が

ほとんど人で埋まっていたと思います。

 

ここで小さなトラブル。

僕の隣にも参加者が座って同じように

情報登録用紙へ記入していたんですが、

折りたたみ式のテーブルが傾く!

 

楽な体勢になろうと肘をついて話を

聞こうとしたら

「グラッ」

隣の人の記入を邪魔してしまったり、

邪魔されたり。

 

初対面同士で

「この机動いちゃいますね」

「そうですね、、、」

 お互いに困ってしまい、謎の一体感が(笑)

 

講習会に参加しようとしなければ

こうやって努力しようとしている人たちに

会う機会もなかったんだろうなと考えるとなんだか不思議な気持ちになりました。

 

 

こんな人がいました。

見回して見ると僕のイメージしていた

バリバリのスポーツマンはあんまりいない。

男女比はちょうど半分くらい

年齢層も広くて10歳台から60歳代くらいまで。

20,30歳代が1番多かったような。

それも多かった「気がする」程度でした。

 

「よかった!僕浮いてない!」

 

確かにもともとスポーツしてますよみたいな人もいますし、

ダイエット目的かなとか、健康のため、リハビリのためなど

それぞれいろんな目的で集まったであろう人々なんだと思います。

 

 「みんな一緒に頑張っていこうな!」

みたいな謎の連帯感を1人感じてました。笑

 

講習会

定刻となり入って来たのは

受付をしていた20歳代後半の女性

 

「こんばんは。遅くにお集まりいただいてありがとうございます。本日の講習会の講師をつとめます〜〜です!。短い間ですがよろしくお願いします。」

 

あなたが講師すんの!?

 

受付と講師、一人二役でした。

 

どんなことを話すんだろうとか、どんなことをするんだろうと

いろいろ考えていた講習会の内容ですが

「え?もうおわり?」って感じの短さ。

 

講習会全体で1時間。

30分はトレーニングルームの利用方法と注意点について。

例えば開館時間とか

使用料は一回210円ですよーとか。

それとほんの少しトレーニング方法について。

慣れないうちは体を動かしての筋トレ

つまり「アイソトニック」を心がけてくださいね。とか

それから残りの30分で実際にトレーニングルームに移って

トレーニング機器の実演講習

 

 

トレーニング機器の使い方を実際に

教えてもらえたのはとてもよかった!

けどもう少しトレーニングの方法とか

効果的な方法も教えて貰いたかったな( ´∀`)

 

あのテレビでよく見ると腕パカパカする機器

もありました!

 

f:id:ytyy101-azma:20170314211819j:plain

これこれ↑

名前がわからん。パカパカするやつだ。それで通じる!

 

講師をしてくれたお姉さんはすごい笑顔のきれいな人で

いろんな人から「この機会はどう使うんですか?」とか

「こういう風にしたいんですがどうやってトレーニングすればいいですか?」

って質問されてました。

話しやすいオーラに満ち溢れてましたもん。すごいですね。

スポーツできる女性ってすごいかっこいいですよね。

 

 

継続できるのか

実際に行くのは休みの日とか会社終わり。

使用料は一回210円ですが回数券もあり

11回分で2100円と一回分のお得ですがしばらくは様子見です。

最初からそれを回数券を買って飽きてしまった場合、元は取らなくちゃって

無理やり行こうとするんじゃないかな?

そんなことしたら回数券使い切った後は絶対足が遠のきますよね。

  • 気軽にいけるときに行く。
  • 無理はしない。

以上の2点を意識しながら少しずつ頑張っていきたいな。

 

かざぐるまでした!!バイバイ!!

 

 

健康的な身体を手に入れるため講習会へ参加予約してみる。

f:id:ytyy101-azma:20170314143903j:plain

僕の住んでいる山形県も最近、

やっと春めいて来ました。

日も長くなり暖かさを感じることも。

 

 

そこで思い立ちました。

「運動しよう」

 

 

ここ数年運動なんて全くと言って良いほど

していません。

通勤は車に乗って、買い物も車で。

運動で汗をかくなんて

生活の中で一切ありません。

 

これではいけない!!

そんな錆び付いた体をほぐし、健康的な身体と

精神を手に入れるため努力してみます。

 

 

 

 

いつ、どのようにして運動するか。

運動をしようと考えて日課、習慣化しよう

としたとき1番時間が取れるのは仕事終わり。

基本的には夜7時ぐらいからです。

ランニングをするとなると少し暗い。

 

そこで一つ思い当たったのが市営のトレーニングルームです。

開いている時間も平日は21:00までと

長くはありませんが仕事終わりに

1,2時間と考えれば問題ありません。

 

ランニングマシーンや筋トレ用の器具も

そこそこ置いてあるようですし、目的が

体を動かすことから筋トレに移っても利用できます。

 

いざ利用へ

「気が変わらないうちに行こう」

インドア派な僕にとって運動とは

縁のないもの。

いつものごとく「そのうちしよっと」では

計画が頓挫する可能性が!

 

ご利用案内をネットで確認してみると

「ご利用いただくには講習会に参加後に配布される利用資格証が必要です。」

なんて文字が。

 

「なんの講習だよ」と思いながら

市のホームページを読んでみると

どうやら利用方法についてや

トレーニングについての講習会らしい。

 

それなら分かっていた方が当然いいですよね

いきなり行って恥をかくのも切ないし。

 

講習会は月一回決まった曜日にあるとのこと。

そして要予約

 

主催している市の体育協会に

電話して予約するのも緊張

電話すると優しそうなお姉さんの声が!

てっきりごつい体育会系の巣窟だと

思ってました。

 

講習会には19:00からで

300円の受講料とボールペン、

内ズックを持って運動しやすい服装で

きてくださいとのこと。

 

僕と同じように仕事終わりでも対応できるようこの時間なんでしょうね。

 

お姉さん「ありがとうございます。それでは当日お待ちしておりますね。」

ありがとうございます、頑張ります。

 

ところで服装は?

一つ気になったのが服装。

トレーニングルームってどんな服装で行けば

いいのか。

スポーツをしている人には「何を言っているのか」

と思われるかもしれないが

本当に謎。

ランニングをしている人たちを見るとすごいおしゃれな気がする。

変な恰好ではいきたくないけど何を着れば、、、と悩んだ挙句

取り敢えず上下セットのジャージで行くことに。

 

このジャージも運動のために

購入したのではなく、入社時の合宿研修で着るために購入したもの

 

「動きやすいジャージなどなんでもいいですよ」

と人事の人に言われたものの

「そんなもの持ってねぇーわ!」とは言えず

購入した記憶が。

こんなところで活躍の機会が。

 

 

そんなこんなで今日、講習会に行ってきます。

仕事の休みもハマってラッキーです。

 

 

 

 

寝そうってときの「ビクッ」。あれは何なのか調べてみた

f:id:ytyy101-azma:20170311200442j:plain

 

お昼ご飯を食べ終えコーヒーを飲んで暖かい事務所でとても気持ちの良い

まどろみが僕を包み込んでいたなか、突然

足がビクッとしてデスクに衝突

    「いってぇっ」

ガチャンという音とともに眠気は醒めて、注目の的になるという

プチイベントがありました。

 

授業中サボってて先生から注意される感覚とすごい似てます。

ほぼ中学生のレベル

 

 

皆さんも経験あるでしょうあの「ビクッとするあれ」

眠気が襲ってきた時等に多い気がする「あれ」が何なのか

気になって調べてみたので

できるだけわかりやすくみなさんにも紹介したいと思います。

 

できるだけです。

僕の文章能力でできるだけです

 

 

 

 

そもそも「ビクッとするあれ」に名前はあるのか?

ネットで「眠い時 ビクッ」と検索してみると予測変換でも

すぐに出てきてくれました。

その名もずばりジャーキング

または「スリープ・スターツ」と呼ばれるそうです。

 

ダサい症状を引き起こしている割には横文字でかっこいい名前です。

こういうのは名前がそのまま症状を表現するので日本語だと

もっと小難しくなるんでしょうね。

睡眠導入時四肢痙攣症候群 的な。

 

 

どれくらいの人に経験があるのか?

アメリカの会社のある調査によると7割の人が経験しており

頻度としては週に2.3回が一番多かったそうです。

なのでこのページをご覧いただいている皆さんもほぼ経験が

あるはず。

 

ちなみに僕の父は起こそうとするとほぼこのジャーキングを起こしているようなので

平均よりぐっと多いかもしれません。

 

 

 

何が原因でおこるものなのか?

さてこのジャーキングの原因は

はっきりとは解明されていないとか。 世の中そんなものです。

様々な説があるなかで可能性が高いものして扱われているのが

「睡眠導入時の神経のシフトダウンにより引き起こされる」というもの。

人間の体は睡眠が近づく際呼吸が深く回数も減り、体温も低下します。

体温の低下中に人間の体は成長ホルモンの分泌や疲労回復のための活動を行います。

これらの睡眠導入時の体の変化によって筋肉の引きつりが起きる

されています。

 

他にも無理な体勢で睡眠に入るためとか、体が疲労している、ストレスによるもの

などなどいろんな説が、、、、

 

授業中うたたねをしていた時のビクッとは「無理な体勢が原因」でしょうね( ´∀` )

 

 

 

悪影響と対策について

このジャーキングを経験したといっても特に心配する必要はないようです。

現に僕の父は昔からいつもビクっとしていても元気です。

健康な体の人も広く経験する症状のようですしね。

 

たたしあまりにも頻繁に起こる人は睡眠障害の遠因になりかねないので

以下の点に気を付けるようにしたほうがよいとのこと。

  1. 寝る前にカフェインを取らない
  2. 規則正しい就寝を心がける
  3. 適度なミネラルを摂取すること
  4. ベッドやカーテンなど睡眠環境を整える

内容を見ると「スムーズな睡眠導入」と「規則正しい生活リズム」、

「栄養の適度な補給」ということで健康的に生活せよ!!ってことかな。

 

 

 

まとめ

一言でこのジャーキングの症状を表現すると

「体の状態が少し不安定なときにおこりやすくなるそんなに害のない症状」

こんな感じですかね??

より良い眠りで次の日の活力を得るために「眠活」なんて言葉もあります。

自分の睡眠環境をしる手掛かりになりそうです。

f:id:ytyy101-azma:20170311212632j:plain

 

 

 

さいごに

たまにおきるけれど名前も知らなかったものって意外とあります。

その時、ふと考えてみても次の瞬間にはまた別のことに興味が移っていることも。

今はスマホが手元にありますし、しようと思えばできないことも少ないと思います。

もうすこし日常に興味をもって接してみると毎日がもっと楽しくなるでしょうね。

 

それでは

 

 

 

 参考:眠い時のビクッとなる現象、「ジャーキング」原因と対策をご紹介 - スクヨカ|ココロ・カラダ、美しく。健康美を追求するヘルスケア総合メディア