今、たねをまく

とりあえずなにかの芽がでるかも。イマタネ

僕が1日をたのしい気分で過ごすために実際にやっていること

f:id:ytyy101-azma:20170317211413j:plain
みなさんには「今日はついてない日だ」とか「今日は何をやってもダメな日だ」って感じてしまう日はないでしょうか?

例えば学校の小テストがうまくいかなかったとか、仕事でお客様を怒らせてしまった、営業で成果を得られなかったなんてことは社会で誰しも経験し得ることだと思います。

そんなときは必ずといってよいほど気分が落ち込んでしまいますし、なにをしていてもそのことが頭がいっぱいになり集中力も落ちる。そしてまた失敗をしてしまう、、、。

そもそもそんな日は朝から何かが違うのだと僕は思ったのです。
ここで僕が皆さんに「一日をたのしく過ごすためにやっていること」を紹介したいと思います。









テレビの12星座占いが教えてくれたこと

僕は高校生の時、テレビの12星座占いの「てんびん座」の運勢を毎日見ていました。
10月1日生まれなので「てんびん座」なのですがその日の運勢をみてから登校していたんです。
朝食を食べている時にテレビを見ているとだいたいどのチャンネルでもやっていますよね??
もし寝坊してもホームルームが始まる前のわずかな時間で携帯電話の占いページなどを見たりしていました。

僕はてんびん座が何位に入っているのかを非常に気にして「1位」や「GOOD!」なると今日何か絶対にいいことがあると信じ、逆に「12位」や「BAD」になると急にいろんなことを考えたりして不安になっていました。

つまり占いが悪い時は「今日は何をやってもダメな日だ」考えながら登校し、何か起こると「やっぱり」と考えていたんですね。




「1日」のすべてを占いがきめていた

そんなささやかな日課である「その日の運勢の確認」と「占いの正確性」を友人に話した時、
それって完全に自己暗示だよ!と指摘されたのです。
「占いの結果を見て、出来事の良しあしを自分の中で決めつけて印象が深くなっているだけ」と。

悪いことが起こるとずっと頭の中で考えてたら、悪いことが起こったときに「やっぱり」と思うのは当然。

それを言われたときに「そうか!占いが当たってたんじゃないのか!」なんて今考えると「そうじゃないだろ」って突っ込みたくなるような反応をしたことを覚えています。笑




占いはたかが占い

友人に「占いで気分が変わるのは自己暗示だ!」と指摘されてから僕は占いを見ないようにしました。
でも確かにそうだなと思えるくらい僕は「たかがテレビの占い」を過信していたことに気づいたのです。
人によって頼りとするものは違いますが僕の中で大きな比重を占めていた占いはしばらくしてから「何の意味もない」ものに変化し、僕の1日を左右するものではなくなりました。

僕がここで触れておきたいのは占いをすべて否定するのではないということです。実は僕は伝統のあるスピリチュアルなものが好きなので姓名判断や手相占い、風水などなど結構参考にしてしまうほうです。言わなくてももうわかると思いますが。つまり僕が伝えたいのは朝の占いなんかで1日を左右するのをやめようという話です。




朝がその1日を決める

その出来事から僕が思いついたことが「その日1日の気分を決める「占い」に代わる違うことをすればいいのではないか」ということです。
それも朝に。

「朝の時間帯は営業にとってゴールデンタイムだ」
こんな内容の言葉を会社で営業職についているの方は聞いたことがあるのではないでしょうか。

人は朝から嫌な気分になりたくないという心理を持っています。
つまり1日の始まりである朝は人はポジティブな状態であり営業などを仕掛けても門前払いされず、比較的話を聞いてもらいやすいということです。

みなさんも朝起きると「雲一つなくとても天気がいい」とか「日差しが暖かくて気持ちいい」。そんなささやかなことで気分が良くなったことはありませんでしたか?だれもそんな素敵な朝に「最悪な日だ」なんて思わないはずです。

朝、自然とポジティブになっているタイミングで1日の気分を決める
それが一番なんです!
f:id:ytyy101-azma:20170317230638j:plain
午前中が勝負 - 営業・セールスコミュニケーションを高める方法




朝に自分の楽しい1日を想像する

朝にいい気分になって1日そのまま過ごすため「占い」に代わって僕がしたこと。
それは楽しい1日を想像することです。

「何だそれだけか」って思った皆さん。意外に効果があるんですよ?。
僕の場合、7時に起きているんですがいつもの習慣で15分ぐらい早く、目覚まし時計が鳴る前に起きてしまいます。

その本来起きなくてはいけない7時までのほんの短い時間で

  • 10分ほどその日1日の予定を想像する
  • 想像の中で予定にに肉付けしながら良いことだけを思い浮かべる
  • 楽観的に「こんなことも起こるかも??」と楽しむ

こんなことをしているんです。

実際にするときはなるべくリアルな映像を頭の中に思い浮かべながら想像するのがポイントです!
朝に楽しいことを思い浮かべモチベーションを上げるということですね。
この時昔の楽しい経験も合わせて思い出して「あの時はこんなことがあったから今日のあれも、、、、」なんていうふうに結びつけて想像するのも結構効果的でした。

1日の朝に楽しい気分になるため、自分の理想の楽しい1日を想像し気分がよくなってから布団を出る。
それが僕のやっていることです。
是非皆さんも試してみてください。




さいごに

この方法の一番大切なことは朝良い気分を作り上げることです。
なので朝布団から離れがたくてもダラダラしてしまうとそこで気分の立ち上げが邪魔されてしまいます。
その為にぜひ朝だけでも「ちょっとできる人」になることもよいのではないでしょうか。
できる人って朝からはつらつとしていて見ていてとても気持ちの良いものですよね。

  • 早起きする
  • ジョギングをしてみる
  • 音楽を聴きながら朝を過ごす
  • アロマでリラックスしてみる

などなど今までとは違う朝を過ごして自分にとても良いことをしているという意識を持つだけでも気分は変わります。

春に向かって爽やかな朝が増えていく今このタイミングで、1日を変えるために朝を変えてみませんか??

みなさんが気持ちが上向くことを祈ってます。




アトピーと僕の二人三脚!

f:id:ytyy101-azma:20170315201509j:plain

以前にもどこかで触れていたと思いますが僕はアトピー持ちです
皆さんもどこかで耳にしたことはあるのではないかと思います。

周りの人や家族の人にアトピー持ちの人がいるなんてそんなに珍しくはありませんよね?

 

そんな比較的身近な病気にもかかわらず、いまだに明確な発症のメカニズム、治療方法は解明されていません。

 

そして僕も多くのアトピー患者同様、完治には至っていないのが現状なのです。アトピーの不快感や煩わしさで頭がいっぱいになってしまうこともあります。
しかし、今はそうでもずーとアトピーに悩まされてきた訳ではなく「もう完全になおったな」っていう状態の時もありましたし、アトピーだってこと忘れちゃうくらい何の症状も出ないな」それぐらいに思っていた時期もありました。

つまり僕の人生にはアトピーの「症状の出なかった時期」と「症状の出ていた時期」があるのです。

 

そうして「治って」、また「再発」を繰り返したアトピーという病気について、僕の今までの記録と一緒に皆さんへお話したいと思います。

 

もし同じような悩みを抱えている人がいたら少しでも参考になればうれしいです。

 

 

目次

 

そもそもアトピーとは??

正式な名称はアトピー性皮膚炎といいます。

いわゆるアトピーですが世界で見てみると先進国に発生が偏っており途上国、後進国にはほとんどない病気と言われています。

そのため先進国特有の暮らしが根本的原因という説もあるようですね.

 

どんな症状が出るのか?

体にかゆみのある湿疹ができる皮膚の病気で、湿疹の特徴はこんな感じです。

  • 赤みがある、じゅくじゅくして引っかくと液体が出てくる、ささくれだって皮がむける、長引くとごわごわ硬くなって盛り上がる
  • 左右対称にできることが多い
  • おでこ、目のまわり、口のまわり、耳のまわり、首、わき、手足の関節の内側などに出やすい

 

何が原因で発症するのか?

原因として挙げられるのは皮膚のバリア機能が弱いことが挙げられます。

健康な人と比べてアトピーの人は皮膚表面のバリア機能が弱いんです。

つまり肌が弱い、デリケートということですね。

角質細胞がはがれやすいので結果、肌が乾燥しやすくなり外部からの刺激が大きく伝わってしまいます。

たまにアトピーの人で皮膚が白くカサカサしているのを見ますがこの乾燥によるものでしょう。

f:id:ytyy101-azma:20170315213204j:plain

それによって何が起こるかというと弱った肌に対して外からの敵がどんどん入ってきやすくなります。

その菌に対して免疫が過剰に反応し湿疹を引き起こすというわけです。

ただし、そもそも「なぜ皮膚のバリア機能が弱いか」がいまだにわかっていません。

 

対処法や対策はないのか??

対処の方法、治療法として大きく分類すると3通りの考え方があります。

 

  • 湿疹を薬で抑えること。
  • 外部からの刺激を抑制すること
  • 肌のバリア機能を強化すること

 

薬はかゆみ止めやステロイドなどの塗り薬です。

それから刺激の強い食べ物を控えたり、保湿の徹底などでしょうか。

 

 

僕とアトピー 二人三脚! 

 

幼少の頃

 物心ついた時にはすでにアトピーだった様な気もします

このころはお風呂から上がったら母に薬を塗ってもらうのが日課になっていて、

 「おかあさん!薬ぬって!」

とめんどくさいと感じながらも母の言いつけを守っていました。

おそらく患部の状態を確認していたんと思います。

ちなみに僕には二つ離れた弟がいるんですが弟はアトピーでも何でもなく至って健康です。

このころの症状としては中度とだったと思います。

時期によってはひどくなることもあり肌が赤くなって、全身が赤色のまだら模様なんてことも、、、。

たまにかゆくてかゆくて皮膚を搔き壊してしまうことも。

皮膚科に通って薬を出してもらって、治療で赤外線を当ててもらってましたね。

赤外線治療は薬の効果を高めるために行うそうですがポカポカしてとても気持ち良かったことを思い出します。

 

中学生 部活漬けの毎日

部活が始まりました。

ソフトテニス部だったんですが何を間違ったかものすごい練習量の多い鬼顧問がいる部活にしてしまったんですね。( ´∀` )

おかげで月曜日以外は部活漬け。

平日学校が終わって3,4時から7,8時まで。土日は朝の9時から夕方4時までと毎日びっしりでした。

しかし!!その練習のおかげで毎日汗をかくわけです。

アトピーの原因にもなる体の老廃物がどんどん汗で外に送り出されていき新陳代謝がとてもよかったからでしょうか。

治療なんて何にもしてないのにほぼアトピーは影を潜めていました。

皮膚科に通った記憶もありません。

肌が弱いのはもとからなのであせもができるくらいはありましたが市販の薬ですぐ直ってました。

おそらくこの時期が今までで一番よかったころだと思います。

高校生 運動はほぼゼロ

中学とはかわって高校では運動部に所属しませんでした。

なので運動も体育の時間ぐらいのせいか、アトピーの症状が復活。

飲み薬を飲まないで夜寝ると無意識に中体を掻いてしまっていました。

この時に運動ってやっぱりアトピーの治療と何か関係があるんだろうなと感じました。

高校生のころは昔より悪化してしまった時期となりました。

 

専門学校 名医との出会い

学生として神奈川で初めての一人暮らしをすることに。

一人暮らしになると食生活は偏りがちになり、学生とバイトで生活リズムは崩れアトピーは悪化すると信じていました。

しかし予想に反してこの時期は症状が緩和されていました

理由は名医との出会いです。

f:id:ytyy101-azma:20170316012623j:plain

その町に開業医として皮膚科の病院を開いている人気のお医者さんがいました。

ネットの口コミでそこがいいらしいと目途をつけ一番最初に行ったとき、朝の受付開始からわずか30分しかたっていないのに「本日の受付は終了いたしました。」といわれ「どんだけ人気なんだよ。」って思ったことを覚えています。

実際にその診察を受けてみると今までの医者とは違い、ただ薬を出すだけではなく生活する上でのいろいろなアドバイスもしてくれました

例えば

  • お風呂はぬるめであんまり長くつからない
  • シャワーの時は水流を強くしない
  • シャンプー、リンスは使用せず、お湯で数分流し続ける
  • 体は基本ボディーソープを使用しない
  • 洗濯の時、洗剤は半分程度
  • 柔軟剤は使用禁止

こんな感じです。

正直何点かは守ってませんでした。柔軟剤は使ってましたし(ただし少しだけ。規定量の3割ほど)、シャンプーとボディーソープも使ってしまいました。

生活上の苦痛になることは避けたかったということもありました

 

しかしそれでもアトピーは影を潜めました。

治療の上でも今まで使ったことのない漢方「十味敗毒湯」の登場。

この十味敗毒湯は名前こそ毒々しいですがアトピーやニキビ、じんましんなどの皮膚病に効果を発揮する漢方のようです。

初めそれを2か月間だけ、毎日朝夕2回食前に飲んで、かゆみ止めを飲んで、塗り薬を塗る。

飲み薬が増えてしまっただけのように思いましたが次第に症状は緩和

2か月間飲み続けた後はかゆみ止め、塗り薬だけになりましたがその塗り薬も徐々に弱いものへと変えていくことが出来、先生んの治療方針、方法にとても感動しました。

最終的にはかゆみ止めもほぼ飲まなくなり、塗り薬も全身の患部に塗るという感じから一部の気になるところだけ塗るように。

 

他の要因としてもうひとつ自転車の存在があるでしょうか。

一人暮らしをしていた家から学校までは片道、自転車で20分

坂もそんなにないとはいえ毎日行きと帰りにそんだけ乗れば意外と疲れますし、季節によっては汗ばんだり汗だくになったりと自転車はいい運動になっていたように思います。

 

現在 まとめ

無事学校を卒業し、地元山形に帰ってきてからは仕事の毎日

しかし名医とは離れ離れ。まさか神奈川まで通院するわけにはいかないですしね。

移動手段も自転車から車になり、汗をかくこともほとんど無くなってしまいました。

 

その結果?? 

再発!?\(^o^)/

「なんてこったい、、、、、。」

なんだったら今が症状の重さとしては歴代一位かもしれません。

赤みを持った部分が体中に、、、、。

 

ということでアトピーを外から治すのではなく内側から治すことを意識して「運動を始めよう」という意識の変化につながっていくわけです。

 

治療は同じ内容で継続しているし食生活は一人暮らしの時よりよくなったはず

しかし悪化しているということは何かのバランスが崩れたということ

 

これからまたアトピーに収まっていただくべく、今までやってきたアトピーに効果があったであろう物をいくつか試しながらアトピー治療に当たります。

  • ビタミンB,Cのサプリメント
  • 体の保湿
  • シャンプー、ボディーソープの種類の交換
  • 食生活の改善、食事回数の変化

などです。

 

これからまた折を見て効果のあった方法を皆さんにお伝えしていきたいと思います。

完治を目指して工夫できるところはまだまだたくさんあるでしょう。

もし何か気になることやいい情報をお持ちの方はお気軽にお声掛けください!

 

それでは!!

 

 

 

参考・引用

アトピー性皮膚炎とは?|治療薬にも種類があるってご存知ですか?|あなたにあったアトピー性皮膚炎治療を。|マルホ株式会社

 

 

 

トレーニングルーム講習終わったよ!

f:id:ytyy101-azma:20170314203303j:plain

ただいま!かざぐるまです!

 

先ほどの記事でお話しした

市営体育館のトレーニングルーム利用方法と

トレーニングに方法についての

講習会を終え、帰宅しました。ハイ。

行く前はいろんな不安でいっぱいでしたが

実際そんな不安がることもなく楽しく講習を受けることが

できました!

imatane.hatenablog.com

 

なのでその講習会についてお話ししたい

思います。

 

 

 

入り口が遠い

会場は市の体育館。体育館とは行っても

会議室やアリーナが複数ある大きな建物です。

 

体育館に到着したのは19:00の30分前。

電話予約した際にお姉さんから

「15分以上遅れてしまった際には、受講をご遠慮いだだきますので

お早めに会場におつきください。」

と言われていたので早く着きました。

普段もこれぐらい早ければ、仕事でも

慌てることはないでしょうね。

 

しかしここで豆腐メンタルが活動し

駐車場の車の中からなかなか出られない。

「誰かいきなりドアを開けて引きずっていってくれねーかな。」

現実逃避。

 

そんな時、中学生位の女の子とその両親が

会場に入って行くのを見て

「もしかしたら一緒の講習に出る人かも」

と思い勇気を出してついて行きました。

 まじ心細い。

 

受付、入場

体育館に入り、案内板を見ると講習会は

2階大会議室であるみたい。

階段を登って大会議室前の受付の女性2人を

見つけて、受付を済ませます。

予約名を伝え、講習の資料を受け取って

会場に入ると意外と人がいる!!

50人くらいはいたと思います。

頑張ろうと思い立った同志ですね。

 

2人掛けのテーブルがたくさん並んでいる

会場内。結構広い会場でしたよ!

とりあえず様子を見るために1番後ろのテーブルへ移動。

椅子に座り資料を開くと情報登録用紙が

中に挟まっていたので記入しながら講習が始まるのを

待ってました。

 

なんだかんだで始まる頃には会場内の椅子が

ほとんど人で埋まっていたと思います。

 

ここで小さなトラブル。

僕の隣にも参加者が座って同じように

情報登録用紙へ記入していたんですが、

折りたたみ式のテーブルが傾く!

 

楽な体勢になろうと肘をついて話を

聞こうとしたら

「グラッ」

隣の人の記入を邪魔してしまったり、

邪魔されたり。

 

初対面同士で

「この机動いちゃいますね」

「そうですね、、、」

 お互いに困ってしまい、謎の一体感が(笑)

 

講習会に参加しようとしなければ

こうやって努力しようとしている人たちに

会う機会もなかったんだろうなと考えるとなんだか不思議な気持ちになりました。

 

 

こんな人がいました。

見回して見ると僕のイメージしていた

バリバリのスポーツマンはあんまりいない。

男女比はちょうど半分くらい

年齢層も広くて10歳台から60歳代くらいまで。

20,30歳代が1番多かったような。

それも多かった「気がする」程度でした。

 

「よかった!僕浮いてない!」

 

確かにもともとスポーツしてますよみたいな人もいますし、

ダイエット目的かなとか、健康のため、リハビリのためなど

それぞれいろんな目的で集まったであろう人々なんだと思います。

 

 「みんな一緒に頑張っていこうな!」

みたいな謎の連帯感を1人感じてました。笑

 

講習会

定刻となり入って来たのは

受付をしていた20歳代後半の女性

 

「こんばんは。遅くにお集まりいただいてありがとうございます。本日の講習会の講師をつとめます〜〜です!。短い間ですがよろしくお願いします。」

 

あなたが講師すんの!?

 

受付と講師、一人二役でした。

 

どんなことを話すんだろうとか、どんなことをするんだろうと

いろいろ考えていた講習会の内容ですが

「え?もうおわり?」って感じの短さ。

 

講習会全体で1時間。

30分はトレーニングルームの利用方法と注意点について。

例えば開館時間とか

使用料は一回210円ですよーとか。

それとほんの少しトレーニング方法について。

慣れないうちは体を動かしての筋トレ

つまり「アイソトニック」を心がけてくださいね。とか

それから残りの30分で実際にトレーニングルームに移って

トレーニング機器の実演講習

 

 

トレーニング機器の使い方を実際に

教えてもらえたのはとてもよかった!

けどもう少しトレーニングの方法とか

効果的な方法も教えて貰いたかったな( ´∀`)

 

あのテレビでよく見ると腕パカパカする機器

もありました!

 

f:id:ytyy101-azma:20170314211819j:plain

これこれ↑

名前がわからん。パカパカするやつだ。それで通じる!

 

講師をしてくれたお姉さんはすごい笑顔のきれいな人で

いろんな人から「この機会はどう使うんですか?」とか

「こういう風にしたいんですがどうやってトレーニングすればいいですか?」

って質問されてました。

話しやすいオーラに満ち溢れてましたもん。すごいですね。

スポーツできる女性ってすごいかっこいいですよね。

 

 

継続できるのか

実際に行くのは休みの日とか会社終わり。

使用料は一回210円ですが回数券もあり

11回分で2100円と一回分のお得ですがしばらくは様子見です。

最初からそれを回数券を買って飽きてしまった場合、元は取らなくちゃって

無理やり行こうとするんじゃないかな?

そんなことしたら回数券使い切った後は絶対足が遠のきますよね。

  • 気軽にいけるときに行く。
  • 無理はしない。

以上の2点を意識しながら少しずつ頑張っていきたいな。

 

かざぐるまでした!!バイバイ!!